デザイナーズマンションの物件選びのポイントは、断熱、間取り。

物件選択のポイントは「断熱」と「間取り」

「デザイナーズマンションに住みたいと感じるけど、いやはややめようかな」なんて考え込んだ人もいるかもしれません。かえって「やっぱりデザイナーズマンションがいい!」との思いがある人もいるかもしれません。

管理人も名古屋のデザイナーズマンションを購入する前、上記の様に考えていました。

結果として、あなた自身で選択し、決めていただくほかにはないのですが、いくつか参考になりそうなポイントをご紹介できればと思います。

「断熱」で熱の問題をクリア

打ち放しコンクリートも大きな窓も、室内の心地よさに影響を及ぼす熱の問題を抱えています。ですが、打ち放しコンクリートも窓も「断熱」がきちんとされていれば、熱の問題は非常に解消することができます。

鉄筋コンクリート(RC)造のマンションのケースでは、新築なら外側に断熱材を施工する「外断熱工法」が採用されていれば、室内側は打ち放しにすることができます。

ところが、中古マンションを取得してリノベーションするケースになると、外側に断熱材を取り付けることはほぼ行うことができません。マンションの外壁は共用部ですから、個人が思い通りに手を加えることはできないのです。当然のこととして室内側で断熱することになってしまうので、絶対条件として打ち放しの部屋に住みたいという人は、「外断熱」になっているかどうかをチェックしてみましょう。

また、角部屋よりは上下左右に部屋があるほうが、室内からの熱の出入りは僅かになります。
角部屋は人気が高いですが、外気に触れる面積も多くなるので、熱環境としては不利になることを憶えておくとよいでしょう。

窓は、ガラスが二重になっているペアガラスや、ペアガラスの間に特別な膜が張ってある「Low-Eガラス」などを利用すれば、壁よりは楽に断熱性を向上できます。こうした高性能ガラスは近年かなり普及しています。また、あとから短時間で付けられる専用の内窓を取り付けるのもいいでしょう。遮音や、防犯の面でもアドバンテージがあります。

二重窓施工の実例

間取りは後から変えにくいことも

一般的な間取りの部屋の場合、間仕切り壁が構造上必要なものにはなっていないことも多いので、ためらいなく間取りを変えることはさほど困難ではありません。

しかし、デザイナーズマンションで特殊な間取りの場合、構造そのものがその間取りを実現するためにつくられていることもあるので、間取り変更はハードルが高すぎる場合があります。

むしろ、一般的な間取りの物件をゲットして、リノベーションで間取りを好きなように変えるほうが、デザインの面でも生活の利便性の面でも、ふさわしいケースもあります。

ひとまず住み始めてしまうと、いざ間取りを変えたいとなったときに、仮住まいへの引っ越しが必要になるなど、小さくない負担を要されます。賃貸ならまだいいですが、購入する場合はよく考えてから選びましょう。