中古マンションを選ぶ「メリット」とは?

新築マンションは今販売している物件からセレクトとなりますが、中古はあとちょっと制限が緩く、エリアとマンションを待ち続ければやがて売り物件が出てきます。中古物件は、新築マンションとは異なり、次のように、一層バラエティーに富んだ選び方のスタイルが可能だと思います。私は名古屋にあるデザイナーズマンションを買いました。

・住みたい場所を選択する

・気に入ったマンションを選択する

・今の学区内から選び出す

・予算内で実現可能な街を選択する

・掘り出し物をじっくり選び出す

エスカレーター式で、何でもかんでもお任せで進められる新築マンションに比べ、バリエーションがかなり広いだけに、ちょっとだけ玄人好みといえるでしょう。

一般的にいわれるメリットは次にあげるとおりです。

・初期費用が安く抑えることができる

疑う余地もなく最大のメリットです。新築マンションに比べて価格が安いため、費用を軽減できます。しかし、仲介手数料がかかります。それでも新築マンションとくらべて「時価」で買えるため、平均的な値下がり幅は少ないと言えます。浮いた費用を水回りや自分好みの間取りのリフォームに回しても、新築より安く済ませることが可能です。

・隣近所が最初から確定した状態で入居できる

新築マンションの最大のリスクは隣近所の住人。常識がない人が上や隣に越してくることです。このようなリスクはどんなマンションにも可能性がありますが、中古物件では、新築物件よりも回避することが簡単です。ただし、そうなるためには実際に住んでいる売主に入念なヒアリングが必要です。

・物件の状態を見て、買える

日当たりの状況や玄関から実際の周辺環境まで歩いてチェックできるのもメリットです。新築マンションの青田買いでは実際のものを見ることは難しく、イメージするしかありません。

・マンション全体の管理が見られる

開放的なマンション生活のためにはグッドな管理が必要です。管理がキチンとしているかどうか、現実の上で見ることができます。やる気になればマンションの財政状況もチェックできます。自分でチェックできなくてもプロに判断してもらうこともできます。

・コストダウンの影響が少ないマンションを選べる

現在、新築マンションで建設そのものにコストがきちんとかかっていると思える物件はほんの少しです。マンションというのは極めてローテクなものですが、ここ数年のマンションの構造は進化するどころか、退化しているケースをよく見ます。退化している物件は、青田買いの段階で判断するのはハードルが高すぎるものです。ここ15年くらいに分譲された物件を俯瞰すると、リーマンショックの少し前や震災直後に企画された物件が、築年数とマンションの作りにバランスが取れている感じを受けます。

「中古マンションを選ぶ「メリット」とは?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です